« 小さな幸せ | トップページ | 喜怒哀楽は人間的なもの »

2005.07.16

自由の横暴

 いきなりですが、ブログのタイトルが「想い」から
「涙の子守唄」に変わりました。
突然ですみません。  また突然変わるかもです。

 自由という言葉は、ものすごく強い言葉である。
なぜなら、人の自由を侵してはいけないということは
わかっているので、「なにをしようが個人の自由だ」
と言われた場合、なかなか反論できないものです。
自由という言葉を連呼する人は、自由という言葉の
強さを知って、連呼するに違いないと考えて
います。

良く、巷で言われていることですが、自由と権利を
はき違えている人が多い、と聞きます。
自分もその通りだと思います。

自由は素晴らしいものです。 自由が侵される
なんて想像しただけで恐ろしい。
しかし、当然ながら自由だからと言って、なにを
やってもいいわけではないのです。
しかし、教養のない人にはその理屈は通用しない。

自由=自分の好きなことをやる、そのためには人に
迷惑がかかろうが知ったことではない。
法に触れなければなにをやってもいい・・・。
そう考えている人に、本当の自由はありません。

ある、香港の映画俳優が言っていました。
「自由を得ると、人は利己的になる。」
名言だと思います。
まさしく、今の日本人がそうではないでしょうか。
自由の名のもとに、利己的な人のなんと多い
こと。
それによって、失ったことのなんと多いこと。

自由とは、人間の教養がためされる時です。
教養がない人にとって、自由とはなにをやって
もいいことなのです。
教養のある人は、自由を楽しめるのです。
それが自由の本質だと思います。

自由の横暴ほど恐いものはないと、個人的には
思っています。
自由の名のもとに、利己的な人が増えるから
です。
しかし、自由とは人を試す絶好の機会でもある
と思います。
自由に対してどう考えているかでその人の
個性が出るのではないでしょうか。


私信。 やっと風邪が治りました。happa

|

« 小さな幸せ | トップページ | 喜怒哀楽は人間的なもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20356/4995816

この記事へのトラックバック一覧です: 自由の横暴:

« 小さな幸せ | トップページ | 喜怒哀楽は人間的なもの »