« そこまでいったら立派 | トップページ | 男の風上にも置けない輩 »

2007.03.21

愛と刹那さとの狭間

 ネット上にある書き込みを「あれは大袈裟に書いてる人が多い」と
言う人は多いです。     以前として。
確かに自分もそういう傾向はあるなとは思っています。

しかし、現代人の心の闇というものをすごく表すものだなという考えの
方がずっと大きいですね。

抽象的な言葉だけど刹那的な言葉を良く見ます。
現代人がいかに孤独で寂しくて苦痛に耐えているかがそこから読み取れる
のではないでしょうか。

自分で自分のブログとかで、自分に対して自虐的なことを書くのはもちろん
自由ですが、それを他人に向かって、しかも不特定多数の人に対しては
あまりにも刹那的すぎる。

ネットというものは、世界に向けて発進しているものだということを自覚しなく
てはいけないのに。
最近では、子供のいじめもネットや携帯でしてるとのこと。
そういうことが起きるのは時間の問題だなと思っていました。
なのでその手のことがニュースになっても驚きはなかったです。

そこにあるのは刹那的な人間の残酷性です。
ある意味、すごく恐ろしいです。

自分の身を隠して相手を攻撃するというのは、人間として極めて卑怯なこと
なのです。   それが堂々とまかり通っているのは、人間が人間では
なくなってしまうことではないかと思うのです。

こうした刹那的思考は、愛に対しても起こっていると自分は考えています。

果たして、刹那的思考の人に人を愛するという行為は可能なのでしょうか。
自分は、無理だと思っています。
人を愛するという行為は、世の中を見下したり、斜めから見たり、諦めたり
ケチをつけるという低レベルのモノの考えをするような人に出来るほど
甘いものではないと思うからです。

しかし、現実は、刹那的思考の人は確実に増えつつあります。
そんな世の中で、本当の愛を探すのは、相当難しくなっていくと考えるのが
妥当でしょう。

この時代をどう生きるか。
難しい課題を突きつけられていると考えています。

|

« そこまでいったら立派 | トップページ | 男の風上にも置けない輩 »

コメント

そうですね。現代の民衆は本当に精神的に寂しがっている、心が孤独な傾向が強いと思います。
事実ご近所の人と挨拶をしない世帯がどれだけ多いことか・・・これはどちらかというと都会や大型高層マンションによく見られるのですが。

高校生の中でも友達のブログは自虐が多いです。普段は明るい子でも心の内を書く蘭では結構不安に思っているらしくて。

ネット上の各学校の掲示板でもスレッド名に「実名出しOK!」が在ることでいじめが起こりうるのは当然というしかありません。 若林さんのおっしゃる通り自分の身元は明かす必要がないので、誰と誰が付き合っているだとか、麻薬・タバコをやっているのは誰とか、ただ自分が嫌いだからという理由でどんどん掲示板上で実名を出す学校もあるそうです。
場合によっては教師も書き込んでいる所があるとか。
こうなるともう救いようがありません。在ること無いことネット上に書くなんて書かれた本人はどんなに悲しいことでしょう。
それで仕返しとばかりにまた書き込めば連鎖が生まれてしまいます。
一家に一台のパソコンはほぼ当たり前で小学生からパソコンの使い方を習う現代で、こういった陰湿ないじめが起こるのは予想できたのでは?とも思います。

久しぶりなのも重なり、なんだか長文になってしまいました;;すみませんっ。
キーボードはほとんど復活したのですが未だに顔文字などが打てません。。
愛って難しいですね。何事も受け入れて素直に認めることから第一歩は始まると思います。
包容力のある優しい人間になりたいものです。
心を開かなきゃですね。
若林さんも今大切に想っているものを大切にし続けてください。

ではでは、また書きます!

投稿: スイス | 2007.03.22 09:32

スイスさん、こんばんは。 ご意見、ありがとうございます。
自分の近所も、どちらかといえば挨拶とかない方ですね。 以前、土地が値上がりした時があって
それから近所の人達も性格が変わってしまった
人が多いようです。
土地の値段が上がったからといって、そこに住んでいる人が偉くなったわけでもなんでもないの
にです。  変な時代だと思います。

いわゆる、裏学校掲示板ですね。 良く聞く話ですよ。 ネットはいくら親や教師が注意したって
いくらでも悪いことは出来る世界です。
変なトラックバックも飛んできますが、
アダルトブログかどうかの境界線を上手くついてきてるのがあって困っています。
そういうのは規制のしようがないのが現状です。

正直、解決方法はないですね。 困ったことだけど。

ぜんぜん、長文OKですよ。 またぜひ来てください。
僕は顔文字もAAもたくさん出来るソフト入れてるけど、ここではやらないのです(汗。
温かく優しい書き込み、ありがとうございます。
また、待っていますね。

投稿: 若林 了 | 2007.03.22 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛と刹那さとの狭間:

« そこまでいったら立派 | トップページ | 男の風上にも置けない輩 »