« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.29

どんだけ

 選んだ夫 「外れくじ」

これはつっこみどころ満載。

そもそもこの相談してきた女性は男にモテたと。
その中から一番優しそうな男を選んだと。

ここまでだと、モテていいな。  うらやましいな。
男を選べるなんてモテない女性からみたら、なんと贅沢な。
という話でしょう。

しかし、本質はそうではない。
それがこの女性の不幸の始まり。

そもそも、一番優しそうだからとか言っているけど、男を選ぶ
だなんてどんだけ男を商品としてみているんだかと僕は言いたい。
そんな人を人とみない考えがこの女性の不幸を物語っている。

なんと可哀想な女性でしょうか。

どんなにモテても人を愛せない人の不幸です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.26

最近 想ったこと

 ココログが6月からログイン方式を変えるとのことです。

自分なりにやってみましたが、新しい方式だとどうしても
ログインが出来ません。
原因不明。

最悪の場合は、このブログからどこかに引っ越すかも
しれません。
その方がいいのかもしれませんが。


先日、ある全国紙を読んでいたら読者投稿欄に「なんでも
安く売る風潮に疑問」をいう感じのことが書かれていました。
たとえばキャベツが一個で10円というもの。

確かにキャベツにしろ何にしろ一個10円だなんて、それを
作っている農家のかたがたの苦労をなんだと思っているの
だろうという話になるわけです。

安く買い叩かれたであろう、農家の人を思う、そうした想像力
というものをなんでも安ければいいという風潮の中に見出す
ことは出来ません。

数年前はあるテレビで100円ショップの特集をしていました。
そこに主婦の人が出てきて、「ねらいの商品は倒産品よ」
と言っていました。

つまり、会社が倒産する。  そこの商品が100円ショップへ
と流れてくる。
だから通常ならばとても100円では売ることのできないもの
が100円ショップの店頭に並ぶ。
それを狙って買って喜ぶ主婦。

僕はそれを見て背筋が凍る思いをしたといっても過言では
ないですね。
そこには人の不幸の上に自分の幸せを築こうとする不快な
心理を感じました。
当の主婦は、そんなことはまったく自覚してないでしょうけど。

会社が倒産する。  おそらく社長や役員はすべてをなくして
しまったかもしれない。

というと、すぐに「自己破産すればいい」という事務的な意見が
出てくるのですが、そういう問題ではないでしょう。
一生懸命に開発して作ったものが、不況の名のもとに100円
ショップの店頭に並ぶ。
どんな想いでそれを見ているのだろうとか、その主婦は想像すら
しないに違いない。

倒産した会社で働いていた人達。  中にはその子供が学校を
辞めなければならなくなる事態だってあるでしょう。

まぁ、こういう考えはあまりにも勝手な悲観的な想像によるもの
ですが、現実にそういうことは起きている。
だから会社が倒産して、そこの商品が100円ショップに周って
くるのを喜ぶというのはおかしいことなのです。
それが想像できない人は、涙がないに違いない。

喜んで買ってる主婦に言いたいのは、あんたの旦那の給料
だって、めぐりめぐって下がる可能性あるんだよ。

いいものが100円で買えたって意味がなくなるかもしれない。
だとしたら笑顔で買い物など出来ないでしょうと僕は言いたい。
そうでしょう。

僕は安くていいものというのを否定しているわけではないです。
安い方がいいに決まっている。
でも、なんでもかんでも安ければいいというものではないと思う
のです。
安いということは、それなりになにかしら歪みがどこかに来ている
ということなのですから。

最近は、スーパーで食料品が軒並み値下げに踏み切っています。
安く食品が買えることはいいことです。

でも、いいことばかりではないのも確か。
個人で営業してる野菜屋さんや果物店や魚屋さん、肉屋さん。
モロに打撃を受けているでしょう。

食料品が値下げをしている中、牛乳は値上がりをしています。
酪農家の人達があまりにも牛乳の価格が安すぎてやっていけ
なくて廃業してしまう。
そして、それは牛乳の価格を上げることになってしまっている
のが現実。
これが現状。

なんでもかんでも安くしろ安くしろといっても元がつぶれてしまって
はなんにもならないではないですか。

こうした現実があるというのは、今の日本の世の中に涙が
ないからでしょう。
人間同士においても経済にしても、あまりにも涙がなさ過ぎます。

最近、そんなことを思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.21

お久しぶりです

 少し間が開いてしまってすみません。

いろいろと3月の後半というのは、忙しいものです。

劣等感から他人見下す

この相談に対するお答え、見事です。

このブログには、「他人を見下す」という内容に対しての
アクセスが多いのですが、その答えのような回答ですね。

それにしても、ここに相談してきた高校3年生の女の子。
立派です。
大人でも自分で他人を見下してるのがまったくわかっていない
人、多いでしょうに。
えらいです。

それにしても、ネット上ではこの手に小さい人間は、増えることは
あっても減ることないですね。

困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.12

実際 どうする

 北朝鮮「衛星」通告、韓国政府筋が確認…時間帯も明らかに

実際、日本にミサイルが飛んできて、迎撃に失敗して
日本国内で大変な被害が出たら、実際、日本人は
どうするべきなのでしょう。

多くの日本人はどう思っているのだろうか。
そういうアンケートって日本のマスコミはとらないように
思うのだけど、なぜだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.10

ほんとのつぶやき

 最近、更新が晩くて申し訳ないです。

辞めたりはしないので、安心してください。

やっと温かくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.05

さもしい定額給付金

 テレビを観ていたら、今日から定額給付金が交付される
とかでニュース番組でさかんに放送していました。

日本で一番早く定額給付金が交付されるところを見て
思ってことはただひとつ。
それは。。。

        あんたらどんだけ暇なんだよ!

そもそも「さもしい」とまで呼ばれたのに、そんなことはすっかり
と忘れたのか、はたまたそんなのは気にしないのか知らないけど、
あの感謝しながら定額給付金を受け取った方々は、次の選挙ではny。

さんかさびしいですね。
子供のお年玉の方がよっぽど額も大きいのに。

断っておきますが、自分はお金持ちではありません。
しかし、お金はなくてもプライドは持っています。
「さもしい」とまで言われて感謝しながらもともとは税金のお金を
もらうというのはどうなのでしょうか。
自分としては、どうもすっきりしないのです。

定額給付金に反対といっても、受け取るじゃないかという意見は
今だにあります。
しかし、定額給付金は税金なので、定額給付金に反対すると
いうことと、受け取るということは、まったく矛盾することではない
のです。
それがわかっていない人が多すぎると思います。

いづれにしても、さもしい感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »