« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.29

人の愛を他の生き物と一緒にするな

 前回、書き忘れましたけど、このブログも1200回目の記事
でした。   よく続いたものです。
最近、内容がいまひとつですが。

よくテレビなどを見ていると、動物のオスとメスや、ひどいのに
なると昆虫や鳥類のオスとメスの関係と人間の男と女の話を
強引に結びつけて「人間も見習わなくてはねぇ・・・」などと
くだらない(あえて言う)ことを言っている芸能人は良く
います。

僕は、こういう話を聞くたびに本当に心底くだらないと思うのです。

なぜなら、人間の男と女の関係と動物や、ましてや鳥や昆虫の
オスとメスの関係を結びつけるなど、本当に次元の違う話だから
です。

なのに、なぜ、結びつけてがるのでしょうか。

ひと言でいえば、わかりやすいからでしょう。

でも、わかりやすいでは男と女は語れない。

そもそも、動物の世界のオスとメスの関係は、子孫繁栄のため
でしょう。
子孫を残していかなければ、その種類は絶滅してしまう。
だからオスはなわばりを持ちたがるし、強くなければ生きて
いけない。
メスは、なるべく強い子孫がほしいし守っていかなければならない
からそれなりのオスを探す。

しかし、贅沢いっているとたとえ動物の世界でもいつまでたっても
子孫を増やせないで終わってしまう。

つまり、それだけの話。

それを人間の男と女の関係に当てはめるのはあまりにも強引かつ
高等動物としての誇りも感じられないと思うのです。
もちろん、性欲だけで男と女を語る人は別ですが。

人間の男と女の関係は、動物達とは次元が違う。
人間は、恋愛が出来る。
動物の世界は知らないです。   聞いたことないから。

とにかく人間は、人間として恋愛をするということが出来る。
この違いはあまりにも大きい。

人が人を愛するということ。
その崇高なまでの偉大さと努力。
これは言葉では表現するのが難しいくらい素晴らしいことなのです。

なのに、なぜ、動物などと比べる人がいるのでしょう。

きっと、人を愛したことのない人間に違いない。

と、自分は思います。

やっと、まともにココログにログインできるようになりました。
ほっとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.26

愛はコンプレックスの打破から始まる

 人間は、自分に自信がないと、どうしても上から目線で
物事を見て考え、想像してしまうものだと思います。

なぜ、そうなるかといえば、その心理には劣等感があるから
でしょう。
劣等感があるから優越感を得たいと思う。
だから上から目線でしか物事を見たり想像したり出来ない人間
になってしまう。

ではなぜ、それがいけないかというと、劣等感が強すぎると上から
目線でしか物事を見たり想像したりしなくなるので心の優しさという
ものがなくなってしまう。

心の優しさのない人に人を愛するなどという大事業が成し遂げられる
はずもない。

愛は、劣等感も優越感も超越したものでなければならない。

他人との比較の上に愛はない。

ならば、人を愛するには、劣等感や優越感を捨てるべきなのである。

というと、誰でも劣等感や優越感は持っているという人もいるかも
しれない。
それはその通りだと思います。

しかし、そういう気持ちを少しでもなくすことをしなければ、その人の
人生に人を愛するという行為は出来ないでしょう。

常に上から目線でしか人を見たり想像したりする人に心の優しさは
ないのだから。
心の優しさのない人に、人は愛せないのだから。

人を愛したければ、まずは心の中にあるコンプレックスを打破する
ことである。

それ以上でもそれ以下でもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.25

人が愛を求めるわけは

 最近のいろいろな出来事を見て感じたことなのだけど、
人間は、なぜ愛を求めるのかといえば、それは自分が
困った時や悲しいとき、辛い時。

世の中から排除されてしまったかのように思う時。
または、本当に排除されてしまった時。

そうした辛い出来事があった時に支えてくれる人がいるのと
いないのでは、雲泥の差がある。
それだから、人は愛されたいと思うのだと思う。

また、人は自分が愛した人がひどい境遇にあった時に
なんとかその愛する人を助けてあげたいと思うもの。
愛する人を一人にはしておけないと思うもの。

だから、人は愛するにしても愛されるにしても、愛を求める
のかもしれない。

人間は、自分にとって「味方になってくれる人」が大切なのである。

そんなことを、この大雨の日に想いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.20

嫌いだが

 テレビで見ると大嫌いな人だが、その度胸の良さは
認めざるをえない。

今、男でもあれだけの度胸を備えている人は少ないだろう。

嫌いだが認めてしまう。
この矛盾。
これもまた本音なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.19

自分のパソコン本日で一年

 誠に私事ですが、今日で自分のパソコンは購入してOSを入れて
1年がたちました。

さすがにもう初心者ではないので、ウインドウズ98やXPの時のような
トラブルもほとんどなく今まで無事に過ごすことができました。
自分のパソコンに感謝です。

そこで、自分のパソコンにプレゼントをしました。
1TBのHDDです。

内臓のHDDをドスパラで購入してつなぎました。
最初はなぜかHDDを認識しなかったのですが、再起動したら認識
しました。   なんだったのだろう。

これからは1TBのHDDに画像や動画やバックアップなど幅広く
使っていきたいと思っています。

今回の内容がまことに私事になってしまい、申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.16

ちいせぇ詐欺師

 楽しんだ者勝ちだよ。  ほんと、そう思う。

今日、フリーダイヤルから電話がかかってきました。
いやな予感がしました。
その予感は当たって見事にセールス電話でした。

一回目は「Mさんですか?」という思いっきり間違い電話。
こっちが答えるより先に「あっ間違いだね」と言ってガチャリ。

二回目。  「あっお父さんかお母さんいますか?」って。
おいおい、子供扱いしないでくれよ。
頭に来るのですが。

さらに、先日はいきなり電話してきて「お宅の電話はリース
ですか?」だって。
人の家の電話の契約状態をさぐって後でリース会社に情報を
売ったりすることくらいわかっている。
絶対に答えない。   
だいたい、失礼である。

この話は単なる最近の愚痴です。

先日、裏通りを歩いていたら知らない男に声をかけられた。
「すみません。 今、何時ですか?」と。

この声の掛け方は、わざとらしい。

そしてこっちが時間を答えてあげると
「あっ、今、僕、携帯もサイフもなくしちゃって、バス代360円
なんとかなりませんかね?」

だって。

おいおい。

この手口は、僕の友人も経験談として語ってくれたので知っている。

では、解説しましょう。

僕の声をかけてきた男は、ちいせぇ詐欺師です。
法律に触れないようにしてるちいせぇ詐欺師です。
法律に触れるとか触れないとか、そういう問題ではありません。

はっきりとちいせぇ男といえます。

理由、360円という金額。
普通の人は、そんなお金を騙し取ったからといってたいしてお金に
ならないのにそんな効率の悪い詐欺を働く人なんているのかと
思うでしょう。
そこがポイントです。

この500円以下に金額を設定するのがポイントなのです。
500円以下ならば、お金をすぐに出してくれる可能性は高い。
それに、その男はお金を貸してくれとは言っていない。
「なんとかならないか?」と言っている。
そこで360円もらえればそれでいいのである。

というと、360円では10人からもらっても3600円にしかなら
ないではないかという人もいるでしょう。

では、そういう人に言いたい。

お金を持っているのに数百円分万引きする人とその根っこの部分は
同じ悪い心を持っているからです。

ちいせぇ人間とはそういうものです。

恐ろしいほどちいせぇ男。

他にも、その店、または他の店で万引きしてきた500円以下の
商品を持ってきて「返品してくれ」と頼む手口もあります。

店側としては、レシートを持っていなければ返品には応じられないと
言うものの、「返品してくれないなら消費者センターに言う」などと
ほとんど脅しのようなことを言ってくる。
小さな商店の人だったりすると、100円~500円くらいで済むならと
返品に応じてお金を出してしまうお店もあったりする。

そこがちいせぇ詐欺師の狙いところ。


普通の人が、そんな金額じゃあ・・・というところがちいせぇ男が狙うのです。

心の腐った人間は、まっとうな人間が考えつかないようなことを
考えるものです。
振り込め詐欺師だけが詐欺師ではない。

また、そういう人ほど虚言癖がある。

話を戻して、その僕に声をかけてきた男は、僕の姿を裏通りで見た
時にいきなり頭をかかえて座り込みました。
なるで、ものすごく悩んでいるかのごとく(笑)。

上下ジージャンでヒゲが濃かった。
貧しい目をしていた。

僕は思いました。  素直に。

バス代がなければ360円分くらい歩けよ!

ちいせぇ男は、今後ろくな人生を歩むことはないでしょう。

みなさんもお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

最近想うこと

 世の中、おかしなことがまかり通っているのに、それが
おかしいではないかという人が少ないように思うのは自分
だけでしょうか。

たとえばETC。  
これは車を持っている人で、しかも高速を土曜日や日曜日、
または祝日に利用する普通自動車でなければならない。

なぜETCか。   そこに利権がからんでいると指摘する
人が少ない。
最近になって、週刊誌やテレビ報道で申し訳程度にする
程度である。
これはおかしな話。

車でさらに言うならば、普通に走っていてやたら車間距離を
つめる人がいる。
もうルームミラーで見ると、後ろの車のヘッドライトが見えない
くらい接近している。
法律論を言うのは好きではないが、車を走る上で前の車との
車間距離を故意にとらないのは、立派な車間距離義務違反で
ある。

しかし、この違反をするドライバーは本当に多い。
おそらく車間距離をやたらつめる人は、バックミラーを見ること
などないのだろうな。   あぁ、危ない。

定額給付金ですらおかしいのに、いい大人が2万か1万2千円
のお金で騒いでいる。
それでいいのか。

そのお金をばらまくために、膨大な事務手数料がかかるのも
かまわないのか。

そうしたことをおかしいと思わないのだろうか。

テレビで老人が定額給付金をもらって仏壇にあげて感謝してる
姿を見て感動してるような単純な人には、そういうことを考える
ことはないのだろう。

あれだけ飲酒運転はいけないといわれているのに、なぜ今だに
飲酒して運転するのだろうか。

そもそも、厳罰化される以前から飲酒運転は常識で考えて
いけないとなぜわからないのだろうか。
だから酒飲みは好きになれない。

そういえば成人の日のインタビューで、大人の自覚についての
質問に新成人は「飲酒運転はしない」と答える人が多かったのが
目についた。
でも、成人したことと飲酒運転をしないことがどう結びつくのか
自分としてはわからなかったです。
なぜなら、もともと悪いことだから。

世の中、よくわからないことが多いです。

しかし、世の中とはそういうものなのでしょう。
そういう中を生きていかなければならないのです。
優しい気持ちを持って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.11

おそろしや

 愛知県で74歳の男が女性二人に6300回とか9000回とか
無言電話をかけたそうな。
その電話代は15万くらいになるそうな。

でも、ストーカーにとってみれば15万という金額はたいした問題
ではないのだと思います。
ストーカーは、その名のとおり、付きまとうのが生きがいになって
しまっているのだから。
まぁ、恐ろしい話ですが。

この手のしつこい人間は、世の中には一定数、存在する。

こういう事件があると、テレビのコメンテーターはすぐに
「そんな暇があるなら他のことにエネルギーを使えばいいのに・・・」
という教科書のようなことを言う。

しかし、こういう付きまとい行為をする人は、そういう生き方しか
出来ないのである。
そういう人は現実に存在する。

盗みをしたり、人のいやがることをしたり、人に迷惑をかけても
なんとも思わない。
自分のことしか考えない。

そんな人はたくさんいる。

だから人間はおそろしや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.05

安ければいいのか

 日本の上空をミサイルが飛んでいったわけだが、その話は
他のブログで山ほど記事になっていると思いますので、現代回
では何も言いません。

最近、テレビを観ていて本当にコメンテーターや司会の人の
ひどさには目を覆いたくなるばかりです。

先日もある情報番組を見ていたら、司会?なのかコメンテーター
なのか知りませんが、ある俳優の人が、高速道路のETCの
問題に対して、「安くなるんだからいいでしょ」という言葉で
高速道路のETC問題を片付けていました。
今の日本人のほとんどがこの意見だとしたら、非常に問題かと
思います。
このアホな俳優だけであることを祈ります。

ここ数日になって、週刊誌や情報番組などで高速道路のETCの
おかしさを報道するようになりました。
やっとという感じ。

でも、なんでもっと早く気がつかないのでしょうか。

あらゆることに言えることだけども、値段が安くなるということは
どこかに必ず歪みが来るということです。

先の俳優の言うように「安くなるんだからいいでしょ」というならば
僕は言いたい。
「あなたの出演してる番組のギャラを安くします」と言われても
文句言うなよ」と。
なぜなら、やたらギャラの高いタレントやフリーのアナウンサーを
切って、あなたが選ばれたということにすら気がついていないよう
だから。

これは皮肉です。

最近、どこのスーパーでも安売り合戦が始まっています。
どんどんあらゆるものが安く売られるようになっています。
もちろん、高いよりは安い方がいいに決まっています。
自分も安い方が嬉しいです。
当然です。

でも、世の中というものはそんな単純に安ければいいと簡単に
問題を片付けていいはずがないと思うのです。

たとえば最近、牛乳が値上がりしています。
なぜか。   牛乳というのは、いろいろな食品の原材料になる
ものです。
当然、大企業からなにかしら圧力がかかる。
値段を下げるしかない。
しかし、酪農家の人にしてみたら、苦労して牛を育てて牛乳が
取れるようにしたのに、それをあまりにも安く売るしか方法が
ない。

それによって、廃業してしまう酪農家のかたがたが続出している。
そして牛乳の値上げとなってしまっている。

この牛乳の例はあくまでも一例。

このように、なんでも安くするということは、なにかしら歪みがくる
のである。
そうでなければ安くなるはずがないではないですか。

挙句の果てには、日本は食料自給率が先進国で最低という結果
になってしまっている。
自分で自分の首を絞めているようなもの。

なんでもかんでも安ければいいという発想はどこかで歯止めを
かけないといけない状況になっていると思うのです。

もう何年か前だけど、100円ショップで一輪挿しを買いました。
どうみても手作り。   手作りでなければ絶対に出来ない商品
でした。
僕は、それを買ってきたわいいけど、なぜか罪悪感を持ちましたよ。
だって、これを作るのは大変だったろうなと思ったからです。
それなのに、それが100円って。

あまりにも安すぎる。   これを作った人はどう思っているのだろうか。
自分が作ったものが、いくらで売られているとか知らないのではないで
しょうか。
知っていようがいまいが、作った人は一個100円以下で作ったのは
もちろんですが、そういう値段とかを言う前にこれでいいのかと
思ったので、罪悪感を持ったのです。

自分で買った商品であるけれど、なぜか罪悪感に悩まされる。
これは絶対におかしいと自分は思うのです。

このように今の日本は、不景気だからとってなんでもかんでも安く、
安ければいいという発想は、あまりにも安易で危険もともなって
いるものだということを考えなければいけないと思うのです。

そういう気持ちや想像力なしに、涙のある人間にはなれないと
思うからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.01

本日

 エイプリルフールだからといってウソは書きません。

それにしても、虚言癖で検索かけてくる人、多いですね。

それだけ、世の中にウソが蔓延しているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »