« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.31

コメンテーター

 ネットの記事で見たのですが、テレビのワイドショーなどに
出ているコメンテーターの質についていろいろ書かれている
のを見ました。

どの人がいいとか良くないとか書かれてましたが、その前に
テレビのコメンテーターの質の低さは今に始まったことでは
ないでしょう。

まず、スポンサーというのがテレビ局には付いている。
まぁお客様のようなものだから、それに気をつけなくては
いけない。   発言を。

でも、そればかりではない。

彼らは勉強してないし、我々のような一般人がどういう生活
してるかすら知らないような人が多い。

定額給付金にしても、ETC割引にしても、最近の値下げ合戦に
しても、たいした議論をしない。
なぜなら、彼らは金持ちだからだ。

テレビ局のアナウンサーからして、普通のサラリーマンやOLの
域を超えた給料をもらっている。
その額たるや恐るべきな数字なのである。

そういう人達やがっぽり稼いではいるが、対して勉強してないうえに
人間としての涙のない人達がなぜかテレビに出ていろいろ喋っても
その質が上がらないのは仕方ないでしょう。

話は少し変わるのですが、サッカー番組をバラエティーのように
しないでほしいという意見がY新聞に載っていて、それは一般の
人の意見ではなく、新聞記者の人の意見だったのだけど、それに
ついては自分も大賛成なのです。
しかし、テレビ局の人は、「それならCSでサッカー見ればいい」
とか言ったそうな。

この空気読めないのがテレビ局に勤めている人なんだなと感じ
てしまいました。

なんでもかんでもバラエティー化してしまう日本のテレビ番組。

これでは、コメンテーターの質が上がらないのも仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.30

どんだけ

 今日は、家電量販店に行ってきたけど店員さんからの声かけは
うまく避けてきました。
一回、後付けられたけどうまく回避。

しかし、ゆっくり商品を見ていられない店では売り上げも伸びない
だろうな。
なんで、客の後を付回すようなことをするのだろう。
そんな商売は見たことも聞いたこともないですよ。
閉店のうわさも本当なのでしょう。

某サイトでタグを荒らす人がいるのだけど、ほとんど毎日やっている。
ここで想うこと。

           どんだけ暇なんだよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.28

恨まれるような人じゃないに想うこと

 悲惨な事件が起きるとテレビ局のレポーターが被害者の
近所の人や知人などにマイクを向けて、どんな人だったのか
というようなお決まりの質問をする。

すると返ってくる答えは一様に「人から恨まれるような人では
なかったです」という答え。

この質問は、仕方ないのかもしれないけど、これに対する
答えには違和感を覚えます。
なぜなら、人から恨まれない人などいないからです。

断言できます。

理由は簡単。
誰からも好かれている人が居たとする。   でも、そういう
誰からも好かれているということが嫉妬やねたみを産む。
嫉妬やねたみは恨みをかいます。
その本人には、まったく責任はないけど恨みをかうのです。

つまり、人から恨まれるのは、その人に原因があるばかりでは
なく、恨む側に原因があるのです。

人よりお金持ちだとか、人から好かれているとか、人より美人
だとか、庭に花が咲き誇っているとか、土地を持っているとか
いい車を持っているとか、資格を持っているとか理由はなんでも
いいのです。
普通の人なら気にも留めないことでも、他人を羨ましく思う性格の
人から見れば充分に嫉妬やねたみの対象になる。

それで人を恨むようになる。

人間、どんなに人から慕われようとも人から恨まれることを避ける
ことは出来ないのである。

あぁ、人間の世界を生きていくことのなんと難しいことよ。

それでも、人間は何も恐れずに生きていかなければならない。

それが人生だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.23

外面と内面の違う人

 よく凶悪な事件が起きると毎度のごとくワイドショーの
レポーターが近所の人にマイクを向けて、どういう人だった
か聞いている。

自分に言わせれば、参考にはなるかもしれないが、ほとんど無駄
なことだなとも思う。
なぜなら、人間は誰でも犯罪者にもなる可能性を持っているし、
犯罪の被害者になる可能性もあるからだ。
それに、いろいろ聞いたって「そんなことするような人には見えな
かった」というお決まりのセリフしか出てこないだろうから。

では、なぜ、「そんなことするような人には見えない・・・」という
人が凶悪な犯罪をするのか。

逆に考えたら、凶悪な犯罪をするような人ってどんな生活して
いるのだということもある。
しょっちゅう、他人に迷惑をかけている人が居たとしても、その人
が凶悪な犯罪を犯すとは限らないし、周りからは尊敬されている
ような人が、裏ではとんでもないことをしていることはいくらでも
あるもの。

そもそも、外面と内面の違う人間なんて世の中には驚くほど
たくさんいるのが現実。

ある人にはいい顔をするが、この人にはものすごい意地悪をする
という人は本当に多い。
それが見抜けないのは、自分が弱い立場になって、そうした
内面の悪い人からいじめられたりした経験がない人や、ひどいこと
をされても何も感じない人かどっちかでしょう。

人間とは恐ろしいものです。

そう思って生きていかないと、自分自身も周りの人も不幸な人生
を送ってしまう危険がある。

人間の外面と内面の違う人。   これを理解することから始めないと、
いい人生もないと言っても過言ではないと思う。
また、そういう深層心理を読めない人に、人は愛せあいに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.21

最近想うこと

 しかし、なんですね。   ココログに限ったことではないですが、
最近はブログにコメントするにも英数字を入力しないと書き込み
できないようになってると思うのですが、アダルトなコメントがくるの
だけど、どうやっているのでしょう。
そんな無駄なことを考えるのは時間の無駄というもの。

 

 最近の話題は、もう新型インフルエンザで一色という感じです。
それで、テレビでもアナウンサーが「駅前の人達はあまりマスクを
していませんね」とか言っていましたが、マスクをするのはある程度
の予防効果はあるでしょうけど、それで新型インフルエンザが防げる
と思ったら大間違いでしょう。
マスクをしないよりはした方がましという程度だと思います。

マスクをするよりも手洗いやうがいの方がずっと大切だと思いますけど。

それより気になったのは、新型インフルエンザに感染してしまった
高校生が「申し訳ない・・・」と語ったそうです。
それを読み上げている校長が涙を流していました。
その涙の意味は、図りかねます。
が、気になったのは、その高校に子供を通わせている親の中に
「うちの子が新型インフルエンザにかかったらどう責任とるんだ!」
と電話で苦情があったとか。

今時の親ならやりかねないなと思いました。

でも、あまりにも思いやりのない言葉ですね。
感染してしまった高校生だって、好きで新型インフルエンザに感染
したわけでもないのに。

文句を言ってきた親は、本当に自己中心的な人なのでいょう。
その子供はどうなのか気になったりします。


最近、新型のA3ノビに対応したプリンタがエプソンから出ます。
発売は7月下旬とのこと。
それなら、9月の上旬ごろ購入しようかと思っています。


そして裁判員制度が始まりました。
個人的に裁判員制度には強く反対です。

理由はいろいろありますが、今の日本人が守秘義務を守るとは
到底思えないからです。
大切な情報がネットで流れてしまうのは、時間の問題でしょう。

それにしても、最近、やたら法律論を言う人が多いけど、裁判員に
なったら人を裁く自信がないとか言う人が多いのは矛盾していない
だろうか。

単に、法律論を言う輩が理屈っぽいから目立つだけなのだろうか。
それとも法律論にうるさい人と裁判員制度とは分けて話さなければ
いけないのだろうか。

たぶん、後者でしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.17

家電量販店で想うこと

 ある、家電量販店でいつも思うのだけど、なぜ、店員さんは
客である僕に話しかけてくるのだろうか。

商品(デジカメとか)見ていると、必ずといっていいほど、
「デジカメお探ししますよ~」と言ってくる。
今日もプリンタのインクを見ていたら「インクお探しですか?」
と聞いてくる。
あのね、僕はプリンタのインクの種類がわからないような初心者
ではないのです。

もちろん、そんなことは店員さんにとって関係ないことだけど。

僕はただ、ゆっくり商品が見たいだけなのです。
やたらと客に話しかけるのは、本当のサービスではないと思う
のです。

こんなことを書くのは、そのお店が「親切サービスをお約束」と
うたっているからですよ。

確かに、お客さんの中には、「パソコン買ったらどのくらいで使える
ようになる?」という非常に難しい質問をしてくる人もいるので
同情もするけど、こっち(客)から話しかけたりしない限り、店員さん
から話かけたりしないでほしいのです。
まぁ、お店の本店が某地方だから仕方ないのかもしれないけど。

だって、某○○電気は、絶対にお客に話かけたりしないから。

つまり、秋葉原などではお客に店員さんが話しかけたりしないのは、
下手すりゃ客の方が店員さんよりずっと知識があったりする場合も
少なくないためというものある。

そしてなによりも、本当のサービスは何かということがわかっている
からではないかと思うのです。

そんなことを思うので、その家電量販店には、今後、行く気が
しないのです。
こういう想い、その店にはわからないだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.14

それもまた他人を見下す考え

 前から書こうと思っていたのですが、最近の日本人に多いのに
正論を武器にしながら他人に対してやたら説教したがる輩が多い。

その深層心理は、やはり他人を見下したがるという思いがあるに
違いないと考えています。
それは最近の事例でもあるでしょう。

とにかく警察に逮捕でもされようものなら、警察という権力が行った
ものであるから正しいと思っているみたいだけど、警察は絶対に
正しいとは限らない。

それに、他人に迷惑をかける行為であったにしろ、だからといって
まるで人を殺したか物を盗んだか、騙したかしたわけではない。

人間は、生きていれば必ず人に迷惑をかける。
人から迷惑をかけられる。
そうやって生きていくしかない。

なのに、警察が介入するともう鬼の首でも取ったかのごとく
正義感ぶって正論を言いたがる輩の多いのには、もううんざり
である。

ここまでくると、人の弱みに付け込みたいだけに思えてしまうし、
実際そうなのだと思う。
だからこそ、偉そうに他人に対してお説教をたれるに違いない。

人間は、誰でも犯罪の被害者になる可能性があると同時に、
犯罪を犯してしまう可能性も誰でもあるものなのである。

それをわかっている人は、正義感が強いとか弱いとかとは関係なく
さほどのことでは騒いだりしないものである。
相手が警察に逮捕でもされようものなら、自分には普段はまったく
関係のない人でもここぞとばかり上から目線でモノをわかったかの
ように言うのは、それもまた他人を見下す考えがあるからである。

現代人は、賢いように自分を見せているだけで中身のない人が多い
ように自分には思います。

なのに、自分には甘かったりするし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.05.12

今更ですが

 自分はこのようなブログを書いておきながら、
人から同情されるのが好きではないです。

もちろん、自分も人間ですのでさびしい時もありますが、
なぜか人から同情されるのは恥ずかしいという気持ちも
あったりします。

でも、困っている人を見たら助けてあげたい気持ちは常に
持っています。

そんなことを想った、今日一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.10

本日 誕生日っ!

 今日は僕の誕生日です。

生きているだけで幸せと思い、一日一日を大切に生きて
いこうと思います。

そして、みなさまの幸せを祈っております。

それにしても、コメントがあったから何だろうと見たら
アダルトブログへの誘い。
 あぁ、情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.07

矛盾とは

 以前、ここで定額給付金に反対している人が定額給付金を
もらうことは矛盾していないと書きました。
当然ですよ。   なぜなら、定額給付金は税金だから。

しかし、新聞の読者投稿欄には、今でも定額給付金に反対して
いる人が給付を受けるのは矛盾しているとかいう単純な意見が
多いです。

そういう人は、お金は天から降ってくるとでも思っているので
しょうか。
税金なんだよ。

最近だとETC割引もマスコミはこぞって安くなったと報道している
けど、ETCの付いた普通乗用車だけであって、しかも土日祝だけ
だということをすっかり忘れてしまっているようだ。

ちなみにETC割引のおかしなからくりを暴く人は少ない。

その割引も税金が使われている。

定額給付金に反対しておいて、給付金をもらうのは矛盾している
とか言う人は、将来、消費税が上がっても文句を言っては
いけない。
なぜなら、それは矛盾しているからである。
もらう時だけ賛成して、取られるときに反対するのは立派な矛盾
である。

個人的には、消費税が10%にならないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.03

感じない人達

 よく悪いことをした人は、罪悪感に苦しむという正論を語る人が
多いのだけど、それは本当だろうか。

自分は、それは絶対にないと思う。
人間なんて勝手なもので、自分で自分を正当化してしまう術くらい
誰でも身につけているもの。

その証拠に、最近の事件でも自分の子供を殺して冷蔵庫に入れて
約2年間も普通に生活していた夫婦がいる。
普通の神経をしていたら、そんなことはできない。

25年以上前に殺人を犯して、自分の家の下にイタイを隠して
生活していた人もいる。
時効になってしまい、民事で賠償となったが、その殺人を犯した男からは
反省の言葉などでない。
むしろ遺族の感情をさかなでするようなことを言っている。

占い師の女性を殴り、裁判所でも脅迫した男もいる。

いずれの場合も反省とか、罪悪感とか、そういうものとは無縁の性格を
しているのだろう。

この手の人間は、一定数、存在するものだと自分は思っています。

なにも、警察沙汰にならないまでも、小さないやがらせとか、犯罪に
ならないギリギリの線を狙う輩は、今の世の中にはわんさかいる。

そういう人達は、感じないのである。

反省とか罪悪感とかを持たないのだから当然といえば当然であるが。

人間とは、なんとも恐ろしい生き物であろうか。

顔は、ニコニコしていながら裏では何をやっているかわからないような
人間は、あなたの側にも一人や二人はいるでしょう。

そんな、感じない人達に囲まれてわれわれは生きているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.02

やられた・・・

 本日の早朝に気がついたのですが。

やられました。

何をって、いやがらせを。

汚物を玄関にまかれました。
ご丁寧にも土もついてる。
その犯人と思われるババアは、外車に乗ってお昼から出かけて
いるとのこと。
証拠がないから警察にも言えない。

こういうことで頭に来てたら相手の思う壺。
ここは悔しいけど我慢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »